かなかな かなかな (かなかな)
hitois Ad 私は掲示板に掲載する広告を募集しています。
ショートストーリー

最強守護霊権蔵の人助け! 千夜のねがい

侍の柊愛長と申す。神様の目にとまりわしは最強の守護霊を選んだ。
まあ詳しいことは「取り憑き婚活」で検索じゃ。
守護霊になり、わしは100年後の日本に飛ばされそこにはワシの石碑が建っておったのじゃ。
まあ腰を抜かしたわい。
暇なんで山の頂上に登ると全然違う景色が見えた。
見たことないものだらけで腰をまた抜かしたのじゃ。
途方に暮れておったらな。若いおなごがわしの石碑に来て拝むのじゃ。
毎日、毎日、毎日じゃ。
ある日おなごが言ったのじゃ。
父の経営している寺子屋が危ないとな。
わしはおなごの願いを叶えてやろうと思ったのだが、それには誰かの記憶がいるらしい。
わしはおなごに話しかけてみた。
「おなごよ。そなたの願いを叶えるには記憶がいるらしい。どの記憶がいいか言ってみろ」
果たしてこのおなごに聞こえるじゃろうか?
「ひ、ひ、ひ、柊愛長様ですか?」
おなごは驚いてひっくり返りおった。
「そうじゃ。わしは毎日見ておったのじゃ」
どうやらわしの姿は見えんようじゃな。
「では、最近父上と喧嘩した時の記憶でもよろしいですか?」
そういえば誰の?いつ?どんな?とか縛りがないのう。
「それでよい。ではそなたの願いを叶えよう。ふんぬ!」
わしは光輝きその光はどこかへ行ったのじゃ。
後で分かったのじゃがこのおなごの名は千夜といい、家の倉庫から大量の金が見つかり学校は持ち直した。
「千夜や。学校は持ち直したが一時的じゃ。
願いを叶える儀式を学校名物にせんか?」
わしはとにかく孤独になりたくなかったのじゃ。
誰かにここに来て欲しかったのじゃ。
「愛長様。人のこと言えないですが、それだと都合の悪い記憶だけ消し願いを叶えてもらおうという輩がわんさか来ますよ!」
千夜は心配そうに言ったのじゃ
「おぬしはお守りを作るのじゃ。それを納めたものだけの願いを叶える。その資金は学校のために使え」
わしがそう言うと千夜は頭を下げ土下座した。
「ありがたき幸せです。」
千夜はまだ頭をあげない
「まだわしの力もわからんことが多いし、グダグダじゃ。まだまだ変わるかもしれないが良いか?」
千夜はやっと顔を上げた
「ここに小屋を作りお守りを作り続けこの場所をお守り致します」
これが忘るの儀式の始まりだったのじゃ

hitois view

アプリを使ってhitoisをもっと便利に使おう

スマホアプリなら簡単にhitoisにアクセスして利用することが出来ます。とてもシンプルで使いやすいhitoisアプリケーションファミリーを紹介します。

詳しくはこちら。

レビュー

レビューを書く

hitoisへの寄付をお願いします。

hitoisは皆様の寄付で運営されています。
詳しくはこちら。